自己紹介

埼玉県, Japan
2004年にカルチャーセンターで羽山るみ氏に出会い師事。その後音声学を中心に丸山繁雄氏に師事。2006年地元さいたまのアコースティックハウスジャムで最初のライブ活動を行い、2009年渡英。語学を学ぶと共に、ボイストレーナーヘザーマイヤー氏に師事。以降新宿ジャズスポットJや、銀座の老舗スウィング、六本木サテンドールなどでもライブを行う。歌詞を大事に歌う事、スウィングする事をモットーに音楽活動をしている。

2017年8月25日金曜日

昨夜のジャズマル

昨夜はジャズマルにお越しくださった皆様には心から御礼申し上げます。急いで駆けつけてくれた人、数名。駆けつけ一杯もせずに演奏してくれたピアニスト。私のワガママにお付き合い頂いて、私はあったかい方々に囲まれているな。改めて恵まれていることを実感した夜でした。ありがとうございました。


これ!!というなにかがいつもなくて、何も拠り所がないのがジャズであり、音楽であり、人生であり、、、だからいつもホットなんだけど。それでも10数年間の私の経験はほんの少しはここ最近やっと生きて来たのかなと思います。けれどそれがまた、なんの拠り所にもならない。確かな事にはなにもならない。矛盾しているけど、そういうもんだな。だからこそ、常に歩んでいないといけない訳で。なんか、いろんな事を考え、感じたライブでした。

これからライブの録音を聴いて一人反省会です。この作業は、大変苦痛を伴う事もあるけど、これもひとつ前進する為。


皆様の清々しい一日をお祈りして。

2017年8月23日水曜日

スケジュール帳を変えたら!?

もう8月も半ばを過ぎてしまって、今年もいよいよ秋に突入して、そしたら冬が来て、もう年末を迎えて新しい年かー!!ってな気分になり、ちょっと憂鬱でしたが、新しい10月始まりの手帳を買ったらもう、ウキウキしてきて、早く10月の予定がいっぱいにならないかなー!!なんて気分になってきました。こんな事でこーんなに幸せ感じられちゃう単細胞です。


黒い方がオールドワン。ニューワンの方が大きめで、しかもちょっとした収納力あり!!それから笑顔のオレオ君。笑


さてさて、明日というか、もう今日!!はジャズマルにて、ライブです。川村健さんとのデュオライブ自体はたしか、一年以上位ぶりです。

久しぶりの青空


2017年8月17日木曜日

J御礼と、お盆

1日中の激しい雨にも関わらず、新宿Jazz Spot Jお越しくださった皆様には心より御礼申し上げます。ありがとうございました。雨の日の外出は、出来ればしたくない!!!仕事ならば致し方無いが、遊びならね。けれど本当にそんな中、雨を蹴散らしながら、沢山の方がいらしてくださった事、泣けてくるほど嬉しく思いました。ありがとうございます。

さて、このお盆は、次女がどうしても私の実家に行きたいと珍しく駄々をこねたので、急遽実家に行くことになりました。けど、次女のワガママを聞いてよかった。お盆のお参りに母と行くことが出来たし、両親の為に、若人の私が動く事が出来たので。私の実家は、横浜市ですがとても不便な場所で、車なしで生活するのは大変な所です。両親も歳とってきて、愛すべき5歳上の知的障がいを持つ姉も、そろそろ色々と考えないといけない時期に来ているのかなと今回つくづく思いました。この姉の存在のおかげで私は、いろんな力を身につけて来たと思います。また、沢山の方々の愛情や、善意を目にする機会にも恵まれてきました。世の中捨てたもんじゃないどころじゃなくって、こんなにも素敵なんだと感じる事が出来る瞬間をたくさん見せてきてくれた姉には感謝です。

2017年8月1日火曜日

気管支炎

気管支炎を拗らせてしまい、半月近く咳と格闘してきました。ここ2日やっと咳が治りつつあり、痰も減ってきました。それにしても普通の時には出ない痰、一体どこで作られてるの?と疑問に思い、Googleで調べてみました。

気管支の一部に胚細胞というものがあり、そこから分泌物を出してるそう。

小さい頃から、痰を出すのが下手で、風邪をひくと苦しい思いをしていたのを思い出しました。中学生の時、痰て窒息して死にそうになった経験もあります。一人自宅でのたうち回り、赤から、青へと血色が変化していくのを感じ、このまま死ぬかも?なんて思いました。幸い若さ故の吐く息の強さに、ヤツは耐えきれず外に出て来た訳ですが、、、
その時喉につまっていたヤツは、プルプルこんにゃくゼリー状の硬さ、大きさは、こんにゃくゼリー半分位でした。(画像は、ありません。笑)

それからは、風邪の時は、沢山水分をとるようにしていて、窒息騒ぎはその一回きりで済んでます。それにしてもその痰を出すための咳は、喉にも凄くダメージがあるし、体力を消耗します。

もう半月まともに歌が歌えていません。それがこんなに苦しいことだとは。改めて健康のありがたさと、歌う事がこんなにこんなに大好きな自分を再認識しました。