自己紹介

埼玉県, Japan
2004年にカルチャーセンターで羽山るみ氏に出会い師事。その後音声学を中心に丸山繁雄氏に師事。2006年地元さいたまのアコースティックハウスジャムで最初のライブ活動を行い、2009年渡英。語学を学ぶと共に、ボイストレーナーヘザーマイヤー氏に師事。以降新宿ジャズスポットJや、銀座の老舗スウィング、六本木サテンドールなどでもライブを行う。歌詞を大事に歌う事、スウィングする事をモットーに音楽活動をしている。

2012年9月3日月曜日

アコースティックハウスジャム ジャムセッション

先日は非公開ながら、(ただ、更新し損ねただけなのですが・・・)渡英前にも随分お世話になっていた大宮のアコースティックハウスジャムで、セッションリーダーをやらせていただきました。久しぶりにアコジャムの舞台に立って、まだ歌い始めたばかりの頃の思いなんかを鮮明に思い出したりして、なんだか妙に懐かしかったなぁ。この日は本当にお客さんのレベルがそれぞれ高く、聴きにいらしていたお客様も随分満足して帰っていかれたのではないかと思います。

セッションリーダーが、須之内丈典さん、小林祥子さん、高橋宏種さんというメンバーだったのですが、以前よりソウルフルなギタリストの須之内さんに加え(須之内さんは前よりも少し大人な余裕を感じる演奏になっていた気がする。)、しっかりとしたリズムと、確かな音程を持ったベーシスト高橋さん。そしてピアノの祥子さん。彼女は、本当に楽しそうにピアノを演奏します。ニコニコと、幸せそうに。ジャズって大人な雰囲気を醸し出して、難しそうな顔して、寡黙に演奏なんて思っている人もいるかもしれないけれど、楽しまなければ音楽じゃないですもんね。人の笑顔っていうのは、人に伝染するものなんですね。

アコジャムセッション私にとっても本当に最高に楽しい日となりました。ありがとうございました。