自己紹介

埼玉県, Japan
2004年にカルチャーセンターで羽山るみ氏に出会い師事。その後音声学を中心に丸山繁雄氏に師事。2006年地元さいたまのアコースティックハウスジャムで最初のライブ活動を行い、2009年渡英。語学を学ぶと共に、ボイストレーナーヘザーマイヤー氏に師事。以降新宿ジャズスポットJや、銀座の老舗スウィング、六本木サテンドールなどでもライブを行う。歌詞を大事に歌う事、スウィングする事をモットーに音楽活動をしている。

2011年12月24日土曜日

Merry Christmas!!

Christmasとは特に関係はございませんが・・・。イヴの夜に静かに聴くにはお勧めの一曲です。

素敵なイヴをお過ごしください。

2011年11月23日水曜日

女豹

女豹という題名に釣られた男性の方々、ごめんなさい。(笑)でもこのデザイン、色もキュートで、まさに女豹でしょ。この小さな世界に一人魅せられています。ネイルアートなるもの、してみて初めて気がつきました。これが、意外と誰にも気づかれない・・・。なんとかアピールして指先を強調する様な動きをしてみたり、一人葛藤するも誰も気がつかないご様子。

でも、いいんです。われ一人、指先を眺めては自己陶酔に浸りつつ恍惚の表情を浮かべていればいいのです。前回のグラデーションも凄く気に入っていて、堂々と1カ月弱とれませんでした。ネイリストのMIHARUさんの腕がいいのでしょうね。けれど、このMIHARUさんとっても安心価格でこの素晴らしいネイルを施していただけます。今回のフレンチ女豹ちゃんともしばらくのお付き合いです。

そうそう、イギリスのたぶん(?)ほとんどの家庭に、大きな備え付けのディッシュウォッシャーがあります。ネイルを施している時、この存在がどれだけありがたいか・・・。なんとも神々しくさえ見えてくるのです。








2011年11月2日水曜日

ハロウィンの夜・・・

お酒も入っていないのに、はっちゃけてしまったたのしいハロウィンの夜でした。ピーク時には一時間に12~3グループくらい(人数にすると100人くらいになるかもっ!!)私は家で待機しておかし配り役になりました。でも、毎年ただ配るだけではつまらない!!こちらもおかしをもらいに来た子供たちを脅かそうと友人とお化けに扮装いたしました。たくさん脅かしてやろうと思っていたのに、とってもかわいいおこちゃまお化けちゃん達が来ると、つい声色が一気に高くなってしまいました。

今年は変装の楽しさを生まれて初めて味わってしまったハロウィンでした。だって、どうせみんな私だってわからないでしょ?って思うとどんどん大胆な行動に。(笑)きっと昔の貴族の仮装パーティーってそんな感じだったのかもしれないですね。


子供用の白いタイツに怖い顔を描く。(この怖い顔が以外と難しいものなんですよね~。何度かいてもなんだか笑える顔にしかならないんです。この顔は5個目にしてやっと成功と認めたものです。)

2011年8月30日火曜日

You Took Advantage Of Me

いい曲だなぁ~と思うとリチャードロジャースとロレンツハートのコンビの曲だって事が今までにも、ありました。「Bewitched」もその中の一つですが、それ以外にも、「Blue Moon」、「My Romance」、「My Funny Valentine」、などなど・・・。

この曲もお二人の共作です。You Took Advantage Of Meただいま記憶中

2011年8月25日木曜日

お気に入り動画 ”Don't look at me”

とってもかわいい猫ちゃん動画です。なんだかこの猫ちゃん、なまめかしいと思いませんか?でも、男の子かな?







2011年8月18日木曜日

ワイト島

週末、ふと海が見たい!!という事で、ロンドンから車とフェリーでおよそ2時間の旅、ワイト島http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%88%E5%B3%B6に行ってきました。
このワイト島を知ったのは、イギリス人の英会話の先生と、友人のお別れ会で知りあったイギリス人女性にイギリスで一番のお勧めの場所はどこ?と聞くと、二人の口からこのワイト島が出てきたからです。








一泊二日のワイト島、ホテルはリーズナブルなBB(bed&breakfirst)に泊まり、とにかく海を満喫、空、遠くに見える岬、波の音、砂の感触、全てにすっかりうっとりさせられました。そして、海からの贈り物、海ガラス(ガラスの破片が波によって角をけずられ、丸みを帯びたもの)を海から頂いてきて、キャンドルスタンド作ってみました。


それにしても、どこのリゾート地も風情が似ています。お猿の村があったり、恐竜博物館や、美術館、どこか伊豆を思わせる様な趣がありました。これで、温泉があったらな。。。


帰りのフェリーでは沈んでいく太陽をみながら旅の終わりの切なさをころころと転がして、心の洗濯になった充実した旅行でした。帰り道の車の中で見た月も大きくて真っ白でまん丸で綺麗だったなぁ~。


2011年4月25日月曜日

一時帰国でのライブと、ボスウェルシスターズの動画

一時帰国でのライブ御礼。

http://m-pe.tv/u/m/diary/view.php?uid=nishiyan&id=1&MID=163



色々なスタイルのジャズボーカリストがいますが、私はスウィング感のある歌を歌う人が好き。ダイナワシントン、エラフィッツジェラルドはそういう部分では他の追随を許さないボーカリストだと思います。そのエラが随分、真似して、研究したのが、このボスウェルシスターズ。確かに凄い!!ぜひぜひ見てください。必見!!


2011年1月15日土曜日

A Nightingale Sang in Berkley Square

この歌はジャズを聴き始めた頃に、凄く感銘を受けた曲です。なんと言ってもメロディーの美しさには心を打たれます。私の好きなボーカルの中にアニタオデイがいますが、アニタを好きになったのはこの曲を聴いたのがきっかけでもありました。

バークリースクエアーはロンドンセントラルにあり、わが家からも中央線(笑)一本でわりと行き易い場所にあります。

残念ながら、昼間のバークリースクエアで、ナイチンゲールの声は聴こえませんでした。作詞者のエリックマシュウィッツは英国人ですが、彼はこの場所に来たのだろうか。ナイチンゲールが鳴いてるとしたら、夜が明けてない朝方だったのだろうか?それとも、夕暮れ時?その時間頃、この場所を通ったのかな?この近くに住んでたのかしら?なんて色々な想像をしながら公園を一周しました。





バークリースクエアは平らではなく、傾斜がありました。これはグーグルマップではわからなかった事♪♪♪芝生と、古いsycamore tree(日本でもよく見る木なんですが、和名がわかりません。。。)がただ、なんとなく等間隔で植わっているだけの何の変哲もない公園でした。それでも、私にとっては特別な広場に思えました。撮ってきた写真と、久しぶりに聴く、アニタを皆様にも楽しんで頂けたら嬉しいな。