自己紹介

埼玉県, Japan
2004年にカルチャーセンターで羽山るみ氏に出会い師事。その後音声学を中心に丸山繁雄氏に師事。2006年地元さいたまのアコースティックハウスジャムで最初のライブ活動を行い、2009年渡英。語学を学ぶと共に、ボイストレーナーヘザーマイヤー氏に師事。以降新宿ジャズスポットJや、銀座の老舗スウィング、六本木サテンドールなどでもライブを行う。歌詞を大事に歌う事、スウィングする事をモットーに音楽活動をしている。

2009年12月22日火曜日

おビールはお好き?



ビールが大好きな私はこちらのエールビールもすぐに大好きになりました。実は最近になって、ふと気がついたのですがパブってなんて美しいんだろうっ!!ロンドンの中にいったいいくつのパブがあるのでしょうね?薄暗い中ぼんやり明りが灯っているパブの美しさにすっかり魅了されてしまいました。これから少しずつパブの写真を撮りためていこうと思います。みなさんにもご紹介していきますね。

2009年12月17日木曜日

ロンドンは雪が降りました。


ロンドンに来て初めての雪です。昨日、今日と本当に寒くて外に出るのがおっくうになります。それでも、暖かい部屋から窓の外の雪を見るのは大好き。

関東で生まれ育った私にとって雪は特別なものでやはりウキウキします。夕方には雪が雨に変わりました。ロンドンは東京よりもずっと雪に弱い都市だと聞きました。今年は雪が多い年になるのかな?

2009年12月4日金曜日

あちこちに手をつけました。。。


以前からこちらの写真を載せたいなと思っていました。あちこちのブログに手をつけてはやめての繰り返しでしたが、いよいよここに腰を据えようかと思っています。大丈夫かな?使いやすいといいんだけど・・・。

ジャズボーカルらすぃく!!今回はちょとジャズに関連のあるお話にしようと思います。

まだ日本にいるころ、ほぼ毎週わけあって川越のとあるコミュセンに通っていました。このコミュセンは、新しく、図書館、小ホール、喫茶店、それから茶室と新しくきれいなセンターでした。特に図書館にはよくお世話になっていました。

その図書館でみつけたのが、『ジャズの本』ラングストンヒューズ著

市外に住んでいた私はここの図書館で本を貸し出して頂く事はできないそうで、毎週来た時に少しずつ読むようにしていました。でも、毎回みつけるのにもなかなか時間がかかったちゃったり。。。少しづつこの本と疎遠になってしまっていました。

そっか。買えばいいんだとグッドなアイディアを思いつき、ネットで中古を注文して、届けられたものをみてびっくりしました。例の川越の図書館のラベルが貼ってあります。あれ?私盗んだっけ?え?何?そんな思いにさえなったくらい。

きっと縁があったのでしょうね~。

今少しずつ読んでいます。専門的でまじめで、教科書を読んでるようなそんな感じがします。ジャズの歴史、専門的な音楽の説明、それからジャズを作ってきたミュージシャンの名前も沢山でてきます。


ジャズは大変な奴隷生活を味わった人たちが、それでもどうにか明るく過ごそうとして生まれた音楽なんですね。その辺については、恩師丸山茂雄先生の書いた『ジャズマンとその時代』にも載っています。機会があったらぜひ読んでみてくださいね。

さてっと、ジャズの話もしっかりしました♪

今後、写真の掲載をしていきたいと思います。沢山のUKの写真、私の近況などをみなさんにお見せできたらなと思います。